HOME

上野村漁協について

 私たちは群馬県で一番小さな上野村の漁業協同組合です。私たちが管理する神流川は河川へのアクセスも比較的容易で村の下流域では、河川敷への車の乗り入れも可能です。上流域では車の進入は出来ませんが、川までのアクセスは容易に出来ます。
 漁場としての利用は、本支流の全域に渡ります。神流川は、アユ漁から渓流漁まで同じ河川で両方できる珍しい川のようです。アユは種苗放流に頼りますが、ヤマメ・イワナ・ウグイ・カジカ・シマドジョウ・カマツカ・ギバチなどは生息しています。今では放流物ですがウナギもいます。下流のダム湖からの戻りヤマメである「サクラマス」も見られます。
 魚釣り、川遊びにはアクセスが容易なことから近年、河川敷にテントを張ってキャンプを楽しむ人も多くみられます。ルールやマナーを守り、美しい環境を維持しながら利用して下さい。
 東京から100㎞以内にある神流川、大きな河川ではありませんが、人々の癒しとやすらぎの空間として役割を果たして欲しいと思います。釣りや川遊びを通じてリフレッシュできる環境としてご期待下さい。
 神流川は小さな河川ですが、これからも釣り人のニーズに応えられるよう工夫したいと思います。加えて子ども達の『学習の場として、人格形成の情操教育の場として』神流川が活用できることを考えてみたいと思います。
 私たちが扱っている遊漁は、生業ではなくレジャーの一環です。資源が有限であり、魚が成長するのに数年を要するとするなら、それに対応した資源保護の仕組みを作っていく必要があります。皆様のご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

 

最新情報

鮎友釣り解禁情報

令和2年6月13日(土)朝5時から鮎友釣り解禁 6月1日(月)鮎釣り試釣り結果 釣り人の皆様へお願い

コメントなし

上野村ふれあい館

上野村が観光案内・村の情報発信・文化の紹介・物産販売等を通じて
都市と山村の住民が「憩いの空間」として建設されたものです。
この施設の運営管理を上野村漁業協同組合が委託担当しております。
館内では軽食やお飲物も販売し、清流・神流川を望むテラスでの飲食が出来ます。
また上野村特産品やフライフィッシング用の消耗釣り具も販売しております。是非とも御利用下さい!

〒370-1617
群馬県多野郡上野村大字楢原316-1(上野村ふれあい館内)
電話 (0274)59-3155

タイトルとURLをコピーしました